2012年2月5日日曜日

ラウベの除雪作業

3mを超えるラウベの除雪作業は、とても人力では出来ません。(※道路以外の部分です)

通常はタイヤショベルと呼ばれる小型重機と、この辺でピーターという雪を遠くに飛ばす除雪機の2台で行いますが、とても追いつきません。

そこで、バックホー(ショベルカー)を応援隊より急遽レンタルし(※業者からのレンタルはすべて売り切れ状態)、スーパー女性職員が乗り込み重機2台がかりで排雪作業にとりかかっています。


屋根の雪も、もう落ちるスペースがあまり無く、屋根とつながりそうです。

屋根雪が落ちるときに、シャッターや玄関側に雪の塊が落ちる事がありますので、十分ご注意ください。なお、2階居住スペースまで雪が到達しておりますので、来られた際にはリビングの窓の囲いを全てするようお願いいたします。

ご不明な点は事務所までお問い合わせください。

大洞原 さいの神

1月14日に大洞原地区のさいの神が行われました。
今年はクラインガルテン妙高のすぐ隣で開催され、入居者の皆様もたくさん来られていたようです。


しめはもちろんスルメや餅を焼き、食べるのがまたおいしい。


全員で集合写真

当日の朝は開催を危ぶむほど大雪が降っていましたが、午後には雪も止み、きれいな星空も見えていました。

夜ですのでもちろん寒いですが、大勢でひとつの火を囲み、無病息災などお願いごとをする
地域の行事、とても心温まるものでした。