2012年4月27日金曜日

春到来!!

ついこの間までたくさんあったラウベの周りの雪も、ここ数日の雨風でずいぶんとけ、待ってましたとばかりに、ふきのとうやつくしが一斉に顔をのぞかせました。



ふきのとうはてんぷらも良し、刻んでお味噌汁も良し、あの独特の苦味が春の訪れを感じさせてくれます。
これからの眩いばかりの緑の季節が楽しみです。

2012年4月22日日曜日

クラインガルテン妙高の今

現在、桜前線は、東北地方と長野県を平年より1週間ほど遅れて北上中で、大型連休の前半には青森県に達するそうですが、上越高田公園の桜は、まさに今満開です。
 
 クラインガルテン妙高周辺の雪の壁(?)もずいぶん低くなり、これからが桜の季節本番になります。

≪4月20日のクラインガルテン妙高≫


















ただ、地元の人も驚くほどの豪雪だったせいか、例年に比べるとまだまだ残雪はこのとおり。
畑やガーデニングを楽しめる季節は、もう少し後になりそうですね。
















 交流広場に植えられたアジサイは、じっと雪の重みに耐え、今年も新芽を出してくれました。長い長い冬の期間、何トンにもなる雪に押しつぶされそうになりながらも、春にはしっかり新芽を出す雑木や雑草には毎年感動させられます。人もこうありたいものです。







2012年4月21日土曜日

スノーシュートレッキングに行ってきました!

1.JPG
今年最初のイベント「スノーシュートレッキング」に行ってきました。
場所は「いもり池」です。
今年は4月下旬でもまだかなり雪があり、本来ではいもり池の周りはきれいな道が整備されているのですが、まだ一部しか出ておらず、まずは雪の多さを再確認。


2.JPG
天気も良く心地よい春の日差しの中出発!
初めてスノーシューを使う方がほとんどで、ガイドさんからはき方を習います。

3.JPG
雪が無い季節では湿地だったり草が生い茂って入れないような所も、雪の上では快適に移動できます。
ウサギなど動物の痕跡や樹木の冬芽など、山に詳しくきれいなガイドさんの説明を受けながら、森の中を散策。

4.JPG
雪解け水が流れ、雪消えが早いところでは一足早く水芭蕉が咲いていました。
いもり池は水芭蕉の群生地で、今年はGWにかけて水芭蕉が見ごろとの事。

5.JPG

いもり池の湖面に写る妙高山、残雪の白と、空の青のコントラストは、いつ見ても美しいですね。

雪の上を歩くスノーシュートレッキングは、最近かなりメジャーになってきましたが、なかなかする機会が少なく、やったことが無い人が多いのではないでしょうか。
蚊やアブにさされず、ハチやヘビの心配もなく、快適な広いオープンスペースを移動することができ、さらにガイドさんと一緒に歩くと、いろんなことを教えてくれるので、その楽しさも倍増します。
ツアーなどもたくさん開催していますので、一度お試しあれ。